大阪で人気のガラスコーティングのメリットはツヤが出てキレイになる

車のイラスト

ガラスコーティングの本来の目的について

コーティングの本来の目的は車のボディを長持ちさせるための、ボディケアです。
車を運転していると、保管場所によっては車のボディの痛み具合が異なります。例えば、屋根付きではない駐車場に野放しにしていると、日焼けや塗装が日焼けしたり、雨によってボディが腐食する場合があります。また海に近い駐車場の場合は、潮風や雨によってボディの腐食が進む場合もあります。
このようにボディの腐食といった痛みが進む環境はそれぞれですが、コーティングがそのボディを守るためにするものです。一番良いのはガラスコーティングです。少し金額は張りますが、ボディを長持ちにさせるにはボディケアはしっかりとやっておきましょう。
またガラスコーティングを実施したからといって、ボディの汚れをそのままにしていることも、ボディに良くありません。汚れたら拭き取りましょう。
拭き取り方は柔らかい布でゴシゴシとこすらない程度で、力を入れずに拭き取るイメージで対応しましょう。
ガラスコーティングによる耐久性ですが、1回のコーティングで1から2年程度は効き目があります。ただこれも保管場所次第で耐久性も異なります。野外の駐車場で屋根が付いていない場合は、カバーをすると耐久性が延びます。

PICK UP CONTENTS

2016年11月08日

傷の多い車には不向きなガラスコーティング?

ガラスコーティング?ワックス?自分の車にはどっちを選べばいいのかわからない。実際どちらがどんな車に最適なのかよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。実は車の状態によってその利用法は違ってくる事ご存知ですか?◆車の塗装の状態で変わるガラスコーティングとワックス新車時や車の再塗装時に行うガラスコーティングは滑らかなままの塗装面に皮膜を作り保護をしてくれるのに対し、使い込ん…

2016年11月08日

ガラスコーティングの本来の目的について

コーティングの本来の目的は車のボディを長持ちさせるための、ボディケアです。車を運転していると、保管場所によっては車のボディの痛み具合が異なります。例えば、屋根付きではない駐車場に野放しにしていると、日焼けや塗装が日焼けしたり、雨によってボディが腐食する場合があります。また海に近い駐車場の場合は、潮風や雨によってボディの腐食が進む場合もあります。このようにボディの腐食といった痛…

2016年11月08日

車のケアにガラスコーティング

車のケアとしてワックスが使用されてきましたが、ワックスは、植物性の油脂を主としており、傷を目立たなくする、ツヤを出すのに効果的でした。しかし、マイナス点もありました。雨により取れやすい、熱により取れやすい、汚れがつきやす、長持ちしない。ワックスに代わり作り出されたのが、「カーコーティング」です。カーコーティングは、熱、紫外線、雨にも強く、汚れもつきにくく、効果が長く続きます。カーコーティング…

2016年11月08日

ガラスコーティングの良さについて

車を大切にする上で欠かせないのは、カーコーティングです。カーコーティングをすると何が良いかというと、耐候性や耐熱性が上がります。酸化劣化しにくくなるので長い間乗れるようになります。 カーコーティングはガラス系コーティングとポリマー系コーティングの2種類に分けられます。どちらも長所と短所があるので、自分の車にはどちらが合うのかしっかりと見極める必要があります。 見極める上で大切なのは車の保管状…